地元佐賀の経験豊富な弁護士が相続に関する問題を解決します。

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセスマップ

0952-37-8760 受付時間 平日9:00~17:30(土日祝日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 当事務所の方針
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 遺言
  • 信託

公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言を作成するには、本人が公証人役場に出向いて作成することが必要です。   _ONE7598.jpg
 
以下に公正証書遺言作成の流れポイントをご説明します。
 

(1)相続人の調査を行う

相続人の範囲を明らかにするために、遺言者が生まれてからその作成時点までのすべての戸籍謄本を取得します。また、推定相続人全員の戸籍謄本も申請し、相続関係図を作成します。
 

(2)相続財産の調査を行う

預貯金、株式、債権、不動産等の財産の内容を、全てを正確に把握し、相続財産の目録を作成します。
 

(3)遺産分割の方法を決める

誰に、どの財産を、どれだけやるのかを決めます。
この時、遺留分を侵害するかどうか考慮が必要です。
 

(4)公証役場に連絡する

公証役場に問い合わせをして、公正証書遺言を作成する日時を決定する。
諸事情により、公証役場まで出向けない場合には、公証人に出張をお願いすることもできます。
この時に、公正証書遺言の作成にあたって必要となる書類をご確認下さい。
 

(5)公証役場で公正証書遺言を作成する

証人2名と公証役場に出向いて公正証書遺言を作成します。
 

6)公証役場で原本を保管する

公正証書遺言の場合、原本が必ず公証役場に保管されますので、遺言書が破棄されたり、隠匿や改ざんされたりする心配がありません。
遺言者には、公正証書遺言の正本と謄本が渡されます。

 

遺言書でお悩みの方はこちらもご覧下さい

●遺言書を作成したい方へ ●公正証書遺言を勧める理由
公正証書遺言の作成方法 相続調査について
弁護士と他士業の違い  

些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

遺言・相続のご相談なら、佐賀の弁護士田代法律事務所へ 0952-37-8760

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ